デパートでロンドントリップを楽しむ!博多阪急英国フェア2021

みなさんこんにちは

ティータイム好きなヴィンテージショップTea with DressのAtsukoです

私はTea with Dressを始めてから、毎年この季節になるとお楽しみがあります

今日は博多阪急の英国フェアについてお話ししたいと思います

目次

■英国フェアに興味を持ったきっかけ

■阪急英国フェアの歴史

■2021年英国フェアのテーマは

■楽しみ方

■戦利品

■まとめ

■英国フェアに興味を持ったきっかけ

■英国フェアに興味を持ったきっかけ

私はヴィンテージ&アクセサリーショップTea with Dressを始めたのが2017年でした

今はウェブショップですが、天神5丁目に今年の3月末まではTea with Dressの実店舗を営んでいました

お店のコンセプトは、ティータイムとファッションを提案するサロンのようなお店で、ヨーロッパのヴィンテージアイテムと私のつくるハンドメイドアクセサリーChicoryをご紹介するお店です

Tea with DSressを始める前の2017年の初夏まで私は都内に在住で、都内では、毎月たくさんの百貨店催事が開催されていましたが、強い興味がなかったので、ご縁がありませんでした

都内の某百貨店に勤務はしていましたが、百貨店ホルダー(カード会員)でもなかったのと、私の勤務地の百貨店は、英国フェアは強くなかったので、やっていたのかも覚えていませんが、英国フェアへは行くことはありませんでした(北海道フェアは行きましたが…)

博多阪急の英国フェアへはじめていってみました

2017年の秋の休日、博多阪急に用があり、立ち寄ってみたら英国フェア開催中でした

私も英国のアイテムを扱っている商いのため、面白そうだなぁ~、リサーチしてみようと、イベント会場をウロウロしてみることにしました

英国のお土産雑貨やアクセサリー、タータンチェックのアパレル、食器、食品など、百貨店催事場の独特なレイアウトの中、日本人好みの英国製品がたくさん陳列してありました

見たことがあるものもあれば、ないものもあり、情報収集にはとてもいい!と思いました

例えば食品は、英国から現地の販売店が来日して、スコーンやフィッシュ&チップスなどを焼いて販売していましたが、その当時、私は買付出張でイギリスへ行っていましたので、別な角度からこのフェアの底力を知りました

出張でも行けないイギリス名店のスコーンが博多で堪能できる

買い付けるアイテムの特徴から、観光地の湖水地方やスコットランドへは行かない地域だったのですが、英国フェアでは、イギリス国内でもなかなか行けない場所の、名物の焼き菓子店のおじさんが来日して焼き菓子を焼いてくれるので、とても贅沢で貴重だと思いました

最初に英国フェアへ行った時は、スコーンひとつの単価が高い!とびっくりしました

でも博多で本場のイギリスの焼きたてスコーンを、店主が直々に焼いてくれるのを食べれるのならば、有難い!と思い直しました

紅茶も種類がたくさんで、私が好きなものや知っているものから、知らなかったものや日本人好みのもの、英国ではみたことがないブランドなど、敏腕百貨店のバイヤーが責任感と情熱を集めた選りすぐりの品が陳列してあり、これらの情報を堪能できるのは楽しいものです

バイヤーが命がけ集めた情報の集大成

百貨店催事は、催事担当や敏腕バイヤーの年間の情報を駆使して披露される重要な場です

特に阪急の英国フェアは伝統があり、何十年もこのイベントを楽しみにしているファンがいらっしゃいます

ファンを楽しませるために、毎年より一層の企画を生み出さないと、お客様が離れてしまいますので、担当者の方は大変な努力をされていると思います

この年を境に、私は毎年博多阪急の英国フェアへ行くことになりました

英国フェアを愛する熱心なお客様との出会い

2017年の英国フェアへ行った翌日だったと思いますが、台風の影響でお店を臨時休業した日がありました

私は郊外に住んでいますので通勤していましたが、私の沿線は台風の影響を受けやすいのでこの日は休むことにしました

家で過ごしていたその日、フェイスブックからとあるお客様から、営業のお問い合わせをいただきましたが、臨時休業している旨お伝えすると、関西からご旅行中の方からでした

お詫びを申し上げて、翌日出社すると、その方がご来店されました

お話を伺うと、何でも阪急英国フェアの熱心なファンの方でした

インスタで私のお店を知り、博多阪急の英国フェア旅行のついでに寄ってみたいと思ってくださったそうです

このお客様は関西在住の関西人の方で、梅田阪急のホルダーの方でした

英国菓子教室に長く通っていらっしゃるそうで、お知り合いの方が英国フェアのお手伝いで博多へ行かれるので、博多へ遊びにきたということでした

梅田阪急の英国フェアはこのお客様のように熱烈なファンが多く、本店の英国フェアでは、どのブースも長蛇の列ができ、お目当ての商品を手に入れるのも困難なほど、大人気のイベントだと言うことでした

そのため、熱心なファンの方は、その前に開催される博多阪急の英国フェアで、 お目当ての商品を手に入れるとの事でした

その熱心さに触れることができて、私は目から鱗でしたが、英国好きな人の伝統行事を興味深く思いました

今思うと、好きなイベントのために旅行の計画を立てられた時代があったんだなんて…すごく自分が老けてように気になります

たって4年前のことなのに、コロナの与えた影響で世の中が変わってしまったと過去を思い出すことで実感しました

私はそのお客様にお会いしなかったら、英国フェアには熱心なファンダムの存在があることを知らずに生きることになったので、衝撃でした

そのお客様とは、その翌年の英国フェアの時にも博多にきてくださり再会できて、楽しいおしゃべりをしたのを覚えています

とてもいい時間を頂きましたし懐かしいです

またお会いしたいですね…

■阪急英国フェアの歴史

熱心な阪急英国フェアのファンのお客様から教えて頂いたのですが、阪急の英国フェアのバイヤーの方が書いた本があるとききました

毎年英国フェアへ行くことで、見方が変わっていきましたので、アマゾンで検索したら廃盤になっていましたが、中古で在庫があったので、購入してみました

2013年発行の本なので、情報としては古いものになりましたが、バイヤーさんの熱意が込めてあったのでとても興味深い本でした

中でも、P121の「うめだ本店開催直前の微調整から博多阪急」で書かれていましたが、大規模なイベントを成功させるためには、小規模店舗で微調整をして、改善点を見出してから、本番を成功へ導くなどが書かれてありました

そして前乗りで関西から博多へ行かれるお客様の層があることも、カードホルダーの分析済みなので、英国フェアのファンダムを楽しませることを実行している訳なのです

規模が小さくても先に見ることができるから本店では予習済みになる

それもファンにとっては楽しみになりますよね

もし興味があったらこの本の中古品が激安で購入可能です

参考までにリンクを貼っておきますね

■2021年英国フェアのテーマは

英国フェアは毎年テーマがあります

今年は

U.K.Basic!もっと好きになる!英国の魅力、発見

英国フェアのチラシには、ザ・バルモラルホテルのスコーンとザ・コッズ・スキャロップスのフィッシュ&チップスが出ていました

私はフィッシュ&チップスについてはそんなに関心がないのですが、スコーンと紅茶は毎年楽しみに購入しています

チラシの中を見てみると、おうち時間を意識したティータイムがテーマになっています

ただ…いつもとは何かが違う気がしましたので、うめだ阪急のHPを見て見ると、うめだ阪急の開催時期が変更になっていました

計画段階では9月上旬予定だったようですが、コロナの影響なのか、催事時期が11月に変更になっていました

コロナ感染者が増えたので、計画通りには行かないんだな、百貨店はたいへんだなぁと思いました

昨年も実施していましたが、オンラインでもイベント対象商品を購入できるようなサイトができていました

ここで下調べしてからイベントへ行くといいなぁと思いました

■英国フェアの楽しみ方

今回の英国フェアは2週間くらい前に知ったのですが、すっかり忘れていました

でも、私は運が強いので、たまたま初日のベストな時間帯に行くことができました

博多阪急の英国フェアは8階催事場で開催するので、筑紫口のエレベーターから行くと入口側になります

エレベータの前にはイギリスブランドのコスメコーナーができていました

老舗のペンハリガンやモルトブラウンも出店していましたが、私が前から気になっていたエディンバラナチュラルスキンケアが出店していました!

すぐに行ってみると、私のお目当てのハンドクリームバーがありました

初日ということもあり、こちらの会社の方が出張で来ていたので、インスタをフォローしています!とお伝えすると喜んでくださって、丁寧に説明してくださいました

なんでも、こちらの会社は、エジンバラ在住のお姉様(日本人)とスコットランド人(多分)の共同経営者の方が立ち上げたブランドだそうです

ハンドクリームバーは4種類ありますが、2日前に発売されたばかりの新製品をハイリコメンドされました

ジャスミンとローズセラムの香りが素敵なハンドクリームバーで、試してみると私の好みの香りで、他のと比較して香りが強かったのですが、いい香りなので購入しました

もうひとつ、可愛い赤ちゃんの缶がありましたが、それは赤ちゃん用で、紙おむつをかえる時に塗ると、かぶれないそうです

9ヶ月の姪の赤ちゃんにつけてもらいたいなぁと購入しました

ちなみにこの赤ちゃんの絵は本国の創始者のお子さんだそうです

他にも、エジンバラナチュラルスキンケアのコスメがありましたが、今回は欲しかったものを買えたのでとても満足でした

初っ端、予想外の嬉しいショッピング!
その後、いつもの英国フェアのお買い物モードへ

私の場合、英国フェアの最大の目的はスコーンと紅茶を購入することです

今回はスコットランドの「ザ・バルモラルホテル」のスコーンが目的でした

ここだけ行列ができていたので、最初はやめてようかと思いましたが、初日だし食べてから美味しかったらもう一回買いに行くことができる!

そう思って並びました

初日なので、女性が多かったですが、そんなに待たされた感じはなかったです

待っている間、スコーンをカットしてオーブンに入れる作業をしていましたが、現地の方は来日していませんので、日本人の方が焼いていました

そうなんですよね

昨年から現地のスタッフは来日ができないので、日本人の人が焼いています

でも、「ザ・バルモラルホテル」のスコーンというブランドに踊らされてしまい、買ってしまうのですよね

冷静に考えると日本人が焼いているのですが…

気持ちの問題

イベントを楽しむことが大事ですよね

■戦利品

・エジンバラナチュラルスキンケアのハンドクリームバー

手のひらサイズの素敵な缶の中には、蜜蝋でできた石けんのような形のハンドクリームバーが入っています

バーを取り出して手の上で回転させて、適量をとって手に馴染ませます

とてもいい香りが至福です…

・トランプうさぎのステンドグラスシール

会計待ちの間に、母が可愛いのを見つけていました
ガラスや鏡に貼って楽しんでいます

・リッジウェイのハーマジェスタブレンド(茶葉)&ダージリンティー(ティーパック)

去年の英国フェアで出会ったリッジウェイの復刻版の缶
ハーマジェスタブレンドはビクトリア女王へ献上したブレンドだそうです

・ミスブリッジスのシャンパン入りマーマレード

パッケージとシャンパン入りっていうのが気になりました!

・ロダスのクロテッドクリーム

毎年楽しみな必須アイテムです

ちょっとしか入ってないのが残念ですがそれも貴重でいいのかも

・ロダスのクロテッドクリームショートブレッド

今回初めて出会いました!
クロテッドクリームのショートブレッドとは珍しいし、この缶が気になりましたよぉ〜

中は丸いカタチでソフトな美味しさです!

・ザ・バルモラルホテル」のスコーン

撮影では3個ですが、4種類全部書いました

プレーンが美味しいスコーンは腕がいいと勝手に思っていますが、こちらのプレーンはとても美味しかったです!

■まとめ

・百貨店催事は陳列が機能的で、ドラマテックさはイマイチですが、イギリスの情報収集にとても良く、期間も5日間と短いので、集中して行かないとという気持ちになるので行ってみたくなりますよね、特に今は旅ができないので、美味しいものを買うという目的では楽しいと思います

・毎年買うものは決まっていますが、年に1回のイベントなので、それもいいのかなと思います。去年買ったものをまたリピートしたり、今年は違うものと出会ったりと、その時の気分で発見があります。

・最近は必要最小限の接客をしてもらう以外に接客していただくことも少ないので、お店の方も楽しそうで、私たちにもそれが伝わるので、お買い物の楽しさを思い出すことができます

・ワクチン接種して海外へ行っている方も増えていますが、実際はまだ勇気がない方が多いので、こういう催事は旅行気分になって気分転換ができるので、少しずつ慣れていく機会になりますね

・イベントを開催する方も、いろいろな事情があるので大変だと思いますが、来年も博多阪急の英国フェアを楽しみにしています。いつかうめ阪の英国フェアへも行ってみたいですね

最後まで読んでくださりありがとうございました

英国フェアは10月3日までです

行ける方は行ってみてくださいね